株式会社ライフキュア 転職者インタビュー

当社には、保険業界未経験で入社した社員や、お客さまへのより良いサービス提供を目指して転職してきた社員がたくさんいます。なぜ保険の仕事を選んだのか、なぜライフキュアだったのか。実際に活躍中の社員にインタビューをしてみました。

転職者インタビュー

ライフパートナー

ライフパートナー

【プロフィール】

2015年4月、(株)ライフキュアに入社。学生時代にアルバイトをしていたレンタカー会社に就職したが、お客さまの満足・喜びを最優先したいと転職活動を開始。自分にしかできない仕事を求めて、未経験から保険業界に入った。以前はスノーボードが趣味だったが、今では子どもと遊ぶことが休日の日課。

前職は、レンタカー会社で働いていました。昔から車が好きで、仕事で運転ができたら楽しそうだなと思い、学生時代にアルバイトを始めたのです。少し働いたとき、正社員にならないかと声をかけてもらいほかの会社に就職し直すより、慣れ親しんだここで働き続けたほうが良いと、正式に就職しました。

しかし実際に正社員になってみると、アルバイト時代とは責任の重みが違いました。純粋にお客さまに喜んでいただけるサービスをご案内するだけでなく、売上をはじめ、会社にとって良いことも追求しなくてはいけない。ときにはお客さまの想いより、自社の利益を優先せざるを得ないこともありました。私としては、何よりお客さまに喜んでいただける仕事をしたくて。そこで転職を考えるようになったのです。

何かほかの道はないかと探したとき、自分にしかできない専門性の高い技術職に就いている妻を羨ましいなと思いました。そのタイミングで家族が体調を崩し、保険を利用する機会がありました。以前、ライフキュアが運営する「ほけんの窓口」店舗で加入しており、ライフパートナーが親身に相談にのってくれてまさに、これだと思いましたね。専門性が高く、お客さまにも喜んでいただける。さらにそれが会社の利益につながるのです。ぜひここで働きたいと、求人をしているか急いで問い合わせました。

保険の基礎知識はゼロの未経験入社。正直、はじめのうちは覚えることが膨大で、戸惑いもありました。“お客さまから勉強不足な分野の質問をされたらどうしよう…”とビクビク。でも手厚いサポート体制のおかげで、少しずつ自信がついていきましたね。入社直後に「ほけんの窓口グループ」全体の研修があるのですが、それが終わって店舗に本配属されたあとも、当社の場合は自分専任の教育担当がつきます。マンツーマンで教えてくれ、つまずきそうなポイントを先回りしてフォローしてくれる。“先輩の姿を見て学べ”というスタイルではないので、とても安心でした。

今では新しいお客さまに出会え、お話できることが楽しみです。お一人おひとりに合った保険をご提案することはもちろんですが、「遠くに住んでいる、保険嫌いの父を説得するには?」といったご相談にものったり。私たちが提案しているのは保険サービスというより、お客さまのライフプランなのだと実感する毎日です。

ライフパートナー

ライフパートナー

【プロフィール】

2017年8月、(株)ライフキュアに入社。入社するまでは、介護職などリハビリ系の仕事に10年ほど携わってきた。30代になり、将来のことを考えて転職を決意。自分が頑張ったぶん、評価される仕事を探しており、保険業界に未経験から挑戦した。採用面接での“人の温かさ”に惹かれ、入社を決意。

専門学校を卒業後はずっと、リハビリ・介護業界で専門職として働いてきました。誰かのために働ける仕事のやりがいは大きかったのですが、給与面で将来に不安があり、転職を考えるように。自身が頑張った分、評価に反映される仕事が良いと思い、営業職で探しました。そのとき真っ先に考えたのが、保険業界です。実は私が学生の頃、母親がガンになり、保険にとても助けられた経験があったのですね。病気で元気を無くした母親が、保険のおかげで、とても前向きになったことにとても驚きました。人を元気にする保険って、すごいなぁと。そんなこともあり、営業職に挑戦するなら、大勢の人を助けられる仕事がいいと思いました。

たくさんある保険会社の中で出会ったのが、ライフキュア。転居を伴う転勤がなくて、自宅から通える会社を転職サイトで探したら、一番に出てきたのです。「試しに受けるか…」と軽い気持ちで面接に行ったら、まさに運命の出会いでした。面接官の方がとてもあたたかくて、居心地が良かったんですね。私のこれまでの社会人経験も「いろいろな経験をしてきて、人の役に立つことをされてきたんですね」といってもらえ、ここなら未経験からでも頑張れそうだ、と思い入社を決めました。

全くの異業種からの挑戦ということで、保険のことはとても勉強しました。ファイナンシャルプランナーなどの資格試験もあり、勉強の日々でした。最終面接で「勉強大変だよ」と言われてたので覚悟していたのですが、想像の1,5倍くらいの大変さ(笑)。でも、ここなら安心だとすぐに分かりました。不明点があれば、すぐにいつでも周りの先輩が教えてくれるのです。「そんなの自分で考えて」という人なんて1人もいません。面接時に感じた“あたたかさ”は配属先の職場でも同じでした。

私がはじめて1人で担当したお客さまのときもそうです。先輩がサポートしてくれたのですが、「自分の話していることがあっているのか」不安になり、多くの質問にいつも丁寧に答えてくれました。契約書類を作成したときも、先輩社員総出で書類をチェックしてくださり、とても嬉しかった。その瞬間、ここでずっと頑張ろうと思えたのです。

入社して2年半が経ち仕事に慣れてきましたが、「これはお客さまのためになっているのか?」を常に考えることは、変わりません。先輩達から教わったことを徹底し、お客さまのための提案をしていきたいです。

ライフパートナー

ライフパートナー

【プロフィール】

2018年8月、(株)ライフキュアに入社。大手スーパーに19年、コールセンターに約1年勤務したのち、お客さまと直接関わる仕事に戻りたいと考えるようになり、転職。40代から打ち込める仕事がしたいという思いから、日々勉強を欠かさない努力家。

実をいうと、最初から保険業界に興味があったわけではなく、ライフキュアに応募したのも、家から近かったから(笑)。ところが、採用面接で「今は仕事人生の中間地点にいますよね。今後はどんなキャリアを歩んでいきたいですか?」という質問をされて、ハッと目が覚めた…というのが、真剣にライフパートナーをめざしたきっかけです。

そもそも、約20年勤めたスーパーを家庭の事情で退職した時点で、これからは“余生”のように、のんびり働こうと思っていたんです。でも、よく考えてみたら、定年まではまだ約20年ある。仕事人生の半分しか生きていないことに、そこで気付かされました。

それなら、次の20年も充実した毎日を送りたい。もう一度、誇りを持てる仕事がしたい。そう思わされた面接をきっかけに、ライフキュアで頑張りたいと思うようになったんです。

保険業界ということもあり、営業成績など厳しい環境なのでは…という不安もありましたが、中に入ってみると全然そんなことはありませんでした。『ほけんの窓口』グループの全体研修で、最後にトレーナーから「これから店舗に戻って向き合うのは、数字や目標ではなくお客さまです」とはっきり言ってもらえて、肩の荷が下りた気持ちになったのを覚えています。

お客さまの人生を支える商品を提案するからこそ、まずは人としてお客さまとどう向き合うかを大事にできる環境です。小売店やコールセンターでは、できるサービスにも限界がありましたが、ここではじっくり時間をかけられますし、お客さまの中に不安や疑問がなくなるまで、とことんお話ができますから。

分からないことや困ったことがあるときに、頼れる存在がたくさんいるのも心強いです。ライフキュアでは他店舗とも社内SNSでつながっているので、そこに質問を投稿すると、別の場所で働いている先輩や同期、教育担当がすぐに答えを返してくれます。もちろん、いちばん身近で頼りにしているのは、同じ店舗の先輩方。空き時間に相談会に同席させてもらって、お客さまとのお話の進め方や提案の仕方を学んでいます。

年齢を重ねても、「もっと頑張りたい」と思える仕事に出会えるのは幸運なこと。受け入れ、育ててくれたみなさんに恩返しをしたいという気持ちも、モチベーションの一つになっています。

コンシェルジュ

コンシェルジュ

【プロフィール】

2018年10月、(株)ライフキュアに入社。化粧品会社の販売員、事務職を経て、「お客さまと接するやりがい」と「働きやすさ」の両方が叶う来店型保険ショップに魅力を感じ、転職。現在はコンシェルジュとして、来店されたお客さまのご案内や電話・メール対応、ライフパートナーのサポート業務を担当している。

新卒で就職したのは化粧品メーカー。美容部員として百貨店のカウンターに毎日立っていました。メイクで女性の美しさを引き出す仕事に、憧れがあったんです。仕事は楽しかったのですが、1日中立ちっぱなしで、力仕事も意外と多く、長く働けるイメージが持てない環境でした。

そこで、デスクワーク中心の事務へ転職したのですが、そこでの仕事はルーティンワークがほとんど。周囲とのコミュニケーションも少なく、今度は「自分の仕事は何の役に立っているだろう」と感じるようになってしまって…。

やっぱり私は、お客さまと接する仕事が好き。そう気付いて、次こそ長く働ける職場を、と選んだのがライフキュアでした。決め手は、規模が大きくない分しっかり育ててもらえそうだと感じたことと、面接での雰囲気の温かさです。

私たちの主な仕事は、保険の契約や更新に関する、書類作成や確認。最初のうちは、用意されたマニュアルを読んで、それに沿って対応をするのですが、ここではコンシェルジュの先輩も常に隣についてくださるんです。しかも、「これはマニュアルには書いていないけれど、注意したほうがいい」といったことまで教えてくださって、本当にありがたかったです。

お客さまを店頭で最初にお迎えするのも、コンシェルジュの役割。ここには、百貨店での接客経験が活きていると思います。たとえば、「保険を初めて選ぶ」という方には、明るく話しかけやすい雰囲気で。保険金の手続きで来店されるお客さまは、病気・ケガなど大変な思いをされている方も多いので、なるべく落ち着いた声色で…といったことは意識していますね。

嬉しかったのは、何度かお店に来ていただいたお客さまから、「いつ来ても本当に感じが良くて、安心する」と言っていただけたこと。直接お客さまの相談に乗るのはライフパートナーですが、コンシェルジュにもできることはある。この気持ちは、お客さまにもきちんと届いているんだと感じることができました。